いざという時の為にカードローンの即日融資の申し込み方法を覚えておこう

 

皆さんは、現金が必要になる場面というと、どの様な状況を思い浮かべるでしょうか。
例えば貯金が無い状態で転職した時は、新しい職場での給料が振り込まれるまでに時間がかかる場合があり、生活費が必要になります。
また、骨董品等のどうしても欲しい一点物の商品が見つかった時、現金しか対応していないお店だと出来るだけ早く現金を調達する必要が生じます。
こうした急な場面に即座に対応出来るのが、消費者金融が提供するカードローンの即日融資サービスです。
このサービスを使えば申し込み当日に現金を手に入れる事が出来るので、大手消費者金融業者の名前を覚えておく事や、申し込み方法を知っておくだけでも、いざという時に役立てる事が出来るでしょう。

特に近年の消費者金融業者はインターネットでの申し込みに対応しているので、家に居ながらにして24時間カードローンを申込む事が出来ます。
また、申し込みから審査までもスピーディーで、最短で30分で審査結果を知らせてくれる業者が多くなっています。
インターネットでのカードローン申し込みはとても簡単です。
まず、消費者金融のサイトの申込みフォームに住所や年齢、現在の収入といった事柄を入力していきます。

ただ、この入力をする時に注意点すべき点があります。
それは、虚偽の申請をしないという事です。
確実に借入を行いたいからと、偽りの年収等を入力すると後々その事が発覚した時に、その消費者金融を利用出来なくなるばかりか、他の消費者金融での借入にも影響を及ぼす可能性があります。
消費者金融は業者と利用者の信頼関係が重要なので、収入に関するデータは正確に申請する必要があるのです。
さて、申し込み内容を送信すると審査結果が電話で報告されます。
審査を無事に通過していれば、借入額の設定等をその場で決める事が出来ます。

ただ、カードを実際に入手するには、消費者金融から郵送で送られてくるか、自動契約機などで発行手続きをとる必要があります。
それでは、即日融資の為には自動契約機に出向かなければならないのかというと、そうではありません。
電話で契約内容を確認する際に、即日融資を希望すればすぐに銀行口座にお金を振り込んでもらう事が出来るので、カードの発行を待つ事無く融資を受ける事が出来るのです。
ただ、これには時間制限があり、夕方に申込んでも振込は翌日回しになってしまいます。
その消費者金融にもよりますが、申し込んだ日の内に現金を入手したいのなら、午前中の内に手続きを完了させた方が良いでしょう。

さて、この様に便利な消費者金融のカードローンですが、利用には本人確認書類の提出が必要です。
これは、大手業者の場合はスマートフォンのカメラ機能等で撮影した運転免許証などの画像をメールで送信すれば良いのですが、業者によってはメールに対応しておらずファックス送信が必要な場合があったりと、条件がそれぞれに違っています。
いざという時に即日融資を受けるには、こうした業者ごとの申し込み方法を細かくチェックしておいた方が良いでしょう。

Comments are closed.